BLOG

鼓和との出会い

みなさん、こんにちは!

今月は、「けやき坂46 ひらがな全国ツアー Zepp Nagoya公演」に出演させて頂いた鼓和ですが、無事にパフォーマンスを披露することができ、ホッとしている統括マネジャーの琢巳です。

それにしても、けやき坂ファンの熱気は凄くて圧倒されました!

思えば、UVERworldさんの京セラドーム大阪公演やKARAさんの東京ドーム公演をはじめ、多くのイベントや企業式典に出演させていただく機会を頂いてまいりましたが、

鼓和が格的に始動し始めた当初は、このような大きな舞台で演奏させて頂ける機会を度々頂ける日が来るとは夢にも思いませんでした。大変、ありがたいことで感謝の日々です。

今回の記事では、そんな鼓和と私が出会った頃の思い出話を少しだけしたいと思います。

実は、私が出会った時には、鼓和は既に活動をしていましたが、メンバーはサラリーマンなど、それぞれ仕事をしながら、土日中心に練習を行い、地元のイベントに呼ばれたら演奏しに行く、といったアマチュア活動でした。

ただ、始めはただの太鼓好きが集まっていたメンバーも徐々に、「もっと活動機会を増やしやい!そして、プロとして活躍したい!」という思いが徐々に強くなり、(実は起業コンサルティングをしている)私に相談をしてきました。しかし、「開業して3年後に62%、10年後にはなんと88もの人が廃業する」という統計が示している通り、現実は厳しいものです。

ミーティングでは、現実が厳しいものである点を理解してもらったうえで、鼓和のコンセプトや方向性を確認しながら起業するかどうか何度も話し合いましたが、最終的には、メンバーの熱い情熱と「経済ばかりに目が行きがちな世の中ではあるが、音楽を含めた芸術・芸能も国の文化の礎を作っている。

文化あっての経済なのか、経済あっての文化なのか。」という私の個人的な思いが合致し、プロとして活動するための会社「株式会社UNISON COMPANY」を設立。以後、微力ながら裏方としてサポートすることとなりました。

当然、最初から順風満帆だった訳でもなく、正直、紆余曲折もありましたが、大変、幸運なことにプロ活動1年目から、今ではお馴染みとなった「横浜港大さん橋国際客船ターミナル」での豪華客船の入出港パフォーマンスや、TBSEXILE魂」の出演など、多くの人目に付く場所での演奏機会を頂くことができ、年々、全国のイベントや企業式典、学校の芸術鑑賞会など、活動場所が増えていきました。

これは、応援して下さる観客の方々やイベンターなどのご依頼主の皆様方がいなければ、実現できるものではございません。ですので、今後もメンバーと共に、プロ活動を始めた頃の初心を忘れず、そして、感謝の気持ちを持って、より良いパフォーマンスを披露して参りますので、是非、どこかの会場でお会いできることを楽しみにしております。

P.S 9/26に開催される「けやき坂46 ひらがな全国ツアー Zepp Sapporo公演」では、鼓和メンバー指導の下、けやき坂46メンバーがドラムラインを披露しますので、そちらも要チェック!

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

芝本

PAGE TOP